ダポキセチンが配合されている薬、ロメント

ダポキセチンの副作用とは?

ダポキセチンは専門性の高い医薬品に配合される有効成分です。
元々はメンタルケアのお薬に広く採用されていた有効成分ですが、臨床実習を専門医が進めていくうちに、いわゆる男性の早漏症の克服に役立つメリットが発見され、今では早漏治療薬の主成分としても用いられています。
海外の医薬品メーカーが製造する早漏治療薬には一般的な主成分として広く採用されており、早漏症という劣等感に苦しむ世界中の男性を日夜救っています。
ダポキセチンに含まれる薬効を分かりやすく解説すれば、脳内のリラックス支援です。
早漏症の原因である脳内の行き過ぎた興奮や不安を、上手くダポキセチンがなだめてくれますので、心理的な落ち着きを主成分が促進する事で、極端な射精を防いでくれます。
強制的に射精機能を麻痺させる、性欲を強制的に減衰させる等の危険な薬効は備わっていませんので、ダポキセチンを含む早漏治療薬を服用してセックスを行っても、特に性生活にデメリットは生じないです。
ただ、安全性が高く保証されているダポキセチンの成分にも一定の副作用があります。
副作用がまるでない有効成分はありませんので、服用者は次のような症状に注意しましょう。
そもそもダポキセチンを含む早漏治療薬は副作用が発現し難い特長を持っていますが、それでも比較的現れやすいのが、排便回数の増加です。
お腹が緩くなりやすく、服用者の中には食あたりになった時のような症状を感じた方がいます。
さらに健康的な便ではなく水っぽい便になりやすく、便器や下着が汚れるてしまうリスクがあります。
いわゆる健康的な成人男性であれば、ダポキセチンを含む早漏治療薬による副作用を過剰に恐れる必要はありませんが、元々お腹が弱い方や普段から下痢気味な方は、少し服用するタイミングに注意した方が良いでしょう。